爽快な!ブログ

爽快整骨院のブログへようこそ! 皆様へ健康に関する情報や当院スタッフの小ネタなど少しずつ投稿していこうと思います。 時には固く、時にはおちゃらけて患者さまと当スタッフとの距離感が近づければいいなと思う内容を更新していければと思います。

爽快整骨院のブログへようこそ!小ネタから健康情報をお楽しみください♪

~新しいブログへ移転します~

こんにちは!スタッフの綾部です!

5月からこのブログを投稿、更新していたのですがこの度急ではありますが新しいブログへ移転することとなりました!

この投稿以降はこちらのURLにて更新していきますのでこれからもよろしくお願いします!
新しくなったブログでもより一層皆さまの健康にお役立てできるような情報を配信していきます!

このブログもこのまま残しますのでまた見直したいなという方もご安心下さい。


 ↓こちらのURLになります↓

soukaiseikotsu.blogspot.com


年に1度の大事な・・・!!

皆さんこんにちは!スタッフの綾部です!

7月14~16日の連休はいかがお過ごしでしたか??
3連休はゴールデンウィークぶりになりますね!




タイトルの通り、自分にとって1年のうちで最も大きなイベントとして地元大磯の神社の例大祭がありました!
2018祭り

2018祭り2

2018祭り3

そこで自分はお囃子の会に所属していて演奏をするのですが、今年は3日とも晴れ!例年だとまだ梅雨も明けていなかったりするのですが今年はほんとに熱かった!!
自分たちも子供達も熱中症などにならなくて本当に良かったです。

今年は7月冒頭の練習などになかなか参加できず会員に迷惑をかけた部分が多かったので来年はもう少し貢献できるようにしたいですね!





皆さんも有意義な連休を過ごされましたか?
そんな土産話もご来院時に聞かせて頂ける嬉しいです!
また、毎年好きな事ができるように健康な身体にしていくお手伝いをさせてください!





・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
▼爽快整骨院公式ホームページはこちら▼
https://soukaiseikotsu.jimdo.com/

▼ご予約お問合せはこちら▼
045-864-4599
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

爽快整骨院直伝!氷嚢の作り方!

連日蒸し暑い日々が続いていますね!

寝苦しい日もあるかと思いますが、今回はそんな時に役に立つかも!?
そんな情報を配信いたします!こんにちは!スタッフの綾部です!




今回は前回ブログの差し込みで自分の写真をいれているのですが、いつも撮影は院長にお願いしています。(いつもありがとうございます!)

氷嚢の当てる位置にフォーカスしていたのですが、ふと木村院長が、



「氷嚢の作り方とかってみんな知ってるのかぁ」



と、ぽつり。


たしかに、スポーツや医療機関などに従事している方はなじみがあったり使ったことがあるよ!という方もいるかもしれません。

氷嚢は狙った部分にしっかりと多い被せられるのでアイシングなどに適しています。
1つは持っていると良いかもしれませんね!



まずは氷嚢の特性を紹介します。



①前述したとおり、患部をしっかりと多い被せてしっかりまんべんなくアイシングができます。

②氷嚢の多くは二重構造になっており結露しにくく使いやすい。

③保冷効果はおおよそ20~30分ほど、作り方次第でもう少し伸ばせます。




・・・こんなところでしょうか、あとは価格帯で保冷性能や結露などに差があると思います。
当院で使用しているものは医療メーカーの外側布製、中はゴム製の二重構造価格は1500円程度となっております。
スポーツメーカーからもあるようなので参考にしていただければと思います。



それでは爽快整骨院流の作り方を紹介します。
これは自分もこの整骨院に来た時に教えて貰いました。



①氷嚢に氷を約20個入れます

製氷皿の大きさにもよりますが当院の製氷皿は3cm四方の製氷皿をつかっています。
氷嚢に対して7~8分目くらいになります。


②水を入れます

これも分量ですが満タンよりも5センチほど下くらいになります。
こちらも氷嚢に対して8分目くらい入れます。


③ふたを閉めます(超重要)

蓋を閉める時は普通に閉めてしまうと中に空気が入ってしまい保冷機能が下がってしまいます。
また空気が入って風船のように膨らんでしまうと患部をまんべんなく多い被せられなくなるのでしっかりと画像のように空気を抜いて蓋をします。(氷は入っていません)
キャップの閉め口にギリギリ被るような形で、テーブルや台において水位を上げていくような形です。

氷嚢分量

氷嚢分量2




④使う時まで冷凍庫にしまう

急を要する場合はすぐ使いますが、すぐに使わない、用意しておきたい場合は冷凍庫にいれておきましょう。



このように普段から作っています。
作りながら水の量や手首に当てて感触を確かめながら作っていますが、しっかりと手首が隠れるような感触で自分は作っています。




氷嚢氷枕と共に昔から使われてるもので、現在も使われているという事はしっかりとした冷却が期待できるという事ですね!


また、こうした氷嚢等の道具ストレッチ、セルフケア道具を買ったはいいけど使い方がわからないという方はご来院時に持ってきて頂ければしっかりとレクチャーしますのでお気軽にご相談ください!





・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
▼爽快整骨院公式ホームページはこちら▼
https://soukaiseikotsu.jimdo.com/

▼ご予約お問合せはこちら▼
045-864-4599
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



ギャラリー
  • 年に1度の大事な・・・!!
  • 年に1度の大事な・・・!!
  • 年に1度の大事な・・・!!
  • 爽快整骨院直伝!氷嚢の作り方!
  • 爽快整骨院直伝!氷嚢の作り方!
  • 熱中症になっちゃった!時の応急処置方法
  • 熱中症になっちゃった!時の応急処置方法
  • 熱中症になっちゃった!時の応急処置方法
  • 梅雨明けから一気に増える「あの」症状