本格的に梅雨の雨がはじまっていますね、ご来院の際は足元に気を付けてお越しください。
こんにちは、スタッフの綾部です!




前回は肩コリの現状というところでお話を致しましたが、今回は、


セルフケア方法


を、お伝えします!

日常生活や、仕事中に簡単にできるものを紹介いたします。
休憩時間や、少しできた時間、就寝前などにできる簡単なものです。




振り子運動

image1


これは五十肩の初期症状から行えるケア方法になります。


image1

500
mlのペットボトルに水を入れ、患部側で持ち、テーブルなどに手を着いた状態肩の力を抜いてゆっくりと少しずつ上記画像のように、前後、左右、小さく回すように振り子運動を加えます。
痛みを感じるようであれば無理のない範囲で行います。




壁伸ばしストレッチ


image4

image5


壁に腕を肘からべったりとくっつけ、画像は見切れてしまっていますが壁に当てている方の足(画像の通りだと右足)を前方に出し、ゆっくりと上半身を前に出していきます。
この時、肩の前~胸の前側が伸びている感覚があればOKです。

そこからゆっくりと8~10秒ほどキープします。

このストレッチの面白いところは壁に当てている腕の高さを変えることで伸ばされる筋肉が変わることです。
例えば上の方へ位置を変えると脇の筋肉が伸ばされます。

これを、上、中、下段と3段階で行います




正しい姿勢を取る


一番シンプルな方法かも知れませんが、普段よりもいい姿勢を意識して生活をすると普段使われていない筋肉を使うのでストレッチ及び筋トレになるので、姿勢を保つ筋肉(インナーマッスル)が鍛えられます。

そもそも「いい姿勢がわからない」という方もいるかもしれません。

そんな方は一度「膝立ち」をしてみてください。

膝立ちは大腿骨と骨盤の関節ががっちりとはまり身体の土台である骨盤が安定し、背骨のS字湾曲が自然と良い形になるのです。
この状態で背中を丸めようとすると・・・なかなかできないんですよね。

立っている状態のときは「土踏まずの下、かかと寄り」に重心を置くように心がけましょう。

この時に気をつけて欲しいのは、よく、姿勢を良くしようとして「胸を張る」と意識する方もいると思いますが、この姿勢はいわゆる「反り腰」を誘発腰痛や背部痛を覚えたりしますので気をつけましょう。




ちょっと長くなってしまいましたが肩コリに効くストレッチになります。
前回紹介した首のストレッチと合わせて「良い姿勢」を手に入れましょう!

まだまだできるストレッチもありますので、もっとやって欲しい、もっと良くしたいという方は爽快整骨院にご一報ください!




・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
▼爽快整骨院公式ホームページはこちら▼
https://soukaiseikotsu.jimdo.com/

▼ご予約お問合せはこちら▼
045-864-4599
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆